HISTORY
全ては、一人の醸造家の情熱からはじまった One Brewer's Passion

150年前。一人のビール醸造家が開港間もない横浜の地に降り立ちました。彼の名前は、“ウイリアム・コープランド”。ノルウェー生まれのアメリカ人である彼は、故郷から遠く離れた横浜の地にビール醸造所「スプリングバレーブルワリー」を設立しました。

当時の日本は文明開化まっただ中。ビール醸造に関する設備も原料も十分ではなく、醸造が成功するまでには、多くの壁が彼の前に立ちはだかります。しかし、コープランドは湧水を動力に利用し、麦芽を粉砕する水車を設置したり、麦汁を冷却するために寒冷期に仕込みを行うなど、様々な工夫を凝らし困難を乗り越えていったのです。

150 years ago, one beer brewer stepped foot on a newly opened seaport of Yokohama. His name William Copeland, a Norwegian-born American, founded the Spring Valley Brewery in Yokohama located far from his homeland.

During the time, Japan was in the midst of cultural enlightenment and supplies of ingredients and equipment for brewing beer was scarce. However, he exercised his ingenuity to overcome these struggles by installing a naturally powered water wheel to mill malt and prepared wort during the winter season to keep it cool.

ウイリアム・コープランド

William Copeland

明治時代のスプリングバレーブルワリー ©IMAGNO/Kammerhofmuseum Bad Ausse Photograph by Michael Moser/Spring Valley Brewery 撮影・提供 東京大学史料編纂所

Spring Valley Brewery in the Meiji era ©IMAGNO/Kammerhofmuseum Bad Ausse Photograph by Michael Moser/Spring Valley Brewery Photo credit: Historiographical Institute, The University of Tokyo

コープランドがつくったビールのラベル
外国人居留地で人気を博した。 丸善雄松堂株式会社所蔵 ※私的利用の域を超えた印刷、転載などの二次利用を禁じます。

The beer label that Copeland created. Became a big hit in the foreign settlement. Collection of Maruzen-Yushodo Co., Ltd. ※Any secondary use beyond the scope of private use, such as printing or reprinting, is prohibited.

彼のつくるビールは、横浜居留地に住む多くの外国人たちの間で話題となり、やがて日本人にも飲まれるようになりました。スプリングバレーブルワリーは、ビール醸造所として、日本で初めての商業的な成功を収めることとなったのです。

彼は、ビール醸造だけではなく自宅の庭を改造し日本初のビアガーデンをつくるなど、人生をビールへの情熱に傾け続けました。

その土地はジャパンブルワリー、後のキリンビールへと引き継がれますが、コープランドのもとで修業を積んだ日本人醸造家たちは日本各地へとはばたき日本のビール国産化の流れが形成されていきます。
ウイリアム・コープランドは、スプリングバレーブルワリーとともに日本のビールの礎を築きあげたのです。

His beer attracted the interest of many foreigners who lived in Yokohama’s foreign settlement, which eventually caught on to the Japanese locals. This popularity made Spring Valley Brewery become the first brewery in Japan to achieve commercial success.

Copeland devoted his life to his passion for beer, not just as a brewer, but also by making Japan’s first beer garden in his own yard, later passed down to Japan Brewery, the forerunner of Kirin Brewery.

Brewers who studied under Copeland found their own paths to cultivate the production of domestic beer, thus often, William Copeland is referred to as the father of Japanese beer.

生きつづけるコープランドの魂 Carrying Copeland's Spirit

1991年。コープランドがスプリングバレーブルワリーを建設した、およそ120年後。ビールの原点に立ち返り、出来たてのビールでお客様をもてなしたい。量産とは違う個性豊かなビールを提供したい。そんな志のもと、コープランドが愛した横浜、キリンビール横浜工場内にスプリングバレーブルワリーの名を引き継いだパブブルワリーが完成しました。

In 1991, nearly 120 years after Copeland established his brewery, a brewpub carrying the name of Spring Valley Brewery was developed within Kirin Brewery’s Yokohama plant. The pub carries Copeland’s spirit by reflecting on his philosophy: serving customers with a wide variety of unique fresh beers that all taste great.

キリンビール横浜工場内に建設された
スプリングバレーブルワリー (当時)

Spring Valley Brewery constructed in
Kirin Yokohama plant (then)

ビールは進化する Continuing Evolution

そして、2015年。代官山の地で、“ビールの持つ自由で無限の可能性”や“自然と人がつくり上げるビール本来の姿”を追い求め、様々なビールづくりに挑戦するブルワリーパブ「スプリングバレーブルワリー東京」が誕生しました。

ウイリアム・コープランドが築き上げ脈々と受け継がれる日本のビール文化をさらに面白く。ワクワクするビールの未来へ向けて、私たちは一歩一歩進んで行きます。

In 2015, Spring Valley Brewery Tokyo was established in Daikanyama in hopes to challenge various beer-crafting styles by unleashing the unlimited possibilities of beer and by pursuing the true potential of the creation.

We are making the Japanese beer culture, created and inherited by William Copeland, a more thrilling experience and advancing step by step towards a fascinating future for beer.

»もっと詳しく知りたい方はこちら

スプリングバレーブルワリー東京

Spring Valley Brewery Tokyo